COMPANY SECTION - アドミニストレーター

オンライン会員登録に関するよくいただく質問(事務ご担当者様向け)

1.オンライン会員登録システムとは
MDRT米国本部の会員登録を最初から最後までオンラインで行うことのできる新しいシステムです。
https://www.mdrt.org/companies-ja/
2.オンライン会員登録システムは英語だけですか。
日本語を含め、7か国語に対応しています。英語の他、日本語、インドネシア語、韓国語、中国語(2種類)とスペイン語です。
注意: 説明等の表記は日本語ですが、入力の際は半角英数のアルファベットと数字のみでお願いします。
3.使い方を教えてください。
会員登録をオンラインで完了し、最後に承認を得る事の出来るシステムです。会員ごとの過去の履歴を呼び出しますので、必要なUpdateを加えてください。今年度の計上成績を入力し、PDFの成績証明書をアップロード(一部の会社はエクセルで米国本部にデータをご提出いただいていますので、その際はアップロード不要です)し、会員のレベル(COTやTOT)を選んでいただきます。最後にMDRT米国本部の会員登録に必要な年会費が表示されます。クレジット・カードでお支払いただくことにより、MDRT会員登録は完了します。
4.これまでの紙の会員登録プロセスとはどう違いますか?
オンライン会員登録システムは単なるオンラインのフォームではありません。会員データベースとのインターフェースにより、各会員のこれまでの履歴や情報を表示することが出来ます。また、その会員に適用できるオプションのみを表示するよう設定してあります。登録プロセスをステップごとに確認し、そのステップが完了しないと次に進めません。
注意: オンラインでのMDRT米国本部の会員登録は3月1日までに完了してください。その後は、レイトフィー(遅延料)をお支払いただきます。
5.オンライン登録の途中で問題が発生し、3月1日までに登録処理が完了できない可能性がある場合はどうすればよいですか。
その場合は、処理できたところまでの画面を印刷して、MDRT本部に記録の残る方法(FedEx, DHL, EMS等)で送付してください。3月1日までの消印であれば、レイトフィーを徴収しません。その際、年会費は別途3月1日までにお支払ください。
6.会社単位での会員登録の方法
MDRTでは事務ご担当者をアドミニストレーターとして会員登録ができるサイトを用意しました。会社単位でMDRT会員のリストを掲載し、会員登録を代行できるようになっています。
7.会社単位で会員登録をするためのID
MDRTに成績を証明するCertifying OfficerおよびCompany Administratorとしてご登録いただいている皆さまに、アドミニストレーターID及び、会社IDを発行させていただきました。MDRT日本会事務局より案内させていただきます。
8.アドミニストレーター(事務ご担当者)IDや会社IDを忘れた場合
その際は、membership@mdrt.orgもしくは、MDRT日本会にご連絡ください。
9.ログイン後のプロセス
まず、アドミニストレーターのプロフィールが正しいかご確認ください。必要に応じてアップデートしてください。メインに戻ることで会員登録を開始することができます。
10.アドミニストレーター(事務ご担当者)の役割
御社を代申(主な保険会社)と報告しているMDRT会員のリストが表示されます。新規にMDRT IDを取得した方も含まれます。このリストは検索が可能で、各会員のステータスが表示されます(例: Not Started (未処理), In Process (処理中), Complete (完了)。 アドミニストレーターは御社を代申と指定した会員の会員登録を処理することが出来ます。
11.初めてMDRTに登録する方で、MDRT IDがない場合
アドミニストレーター(事務ご担当者)として代理で新規に会員登録する方のID番号を申請することが出来ます。”I am applying for MDRT membership for the first time(初めてMDRT米国本部会員に登録します)”を選び、ガイドに従い、必要な情報を入力してください。 注意: 過去にMDRT米国本部の会員であった方は、必ずその時のMDRT IDをお使いください。新規にIDを申請すると初登録の方として処理されますので、履歴のある会員の特典が受けられなくなりますので、ご注意ください。
12.オンライン登録が出来ない方
大多数の方はオンラインで登録が可能です。例外としては、高度障害による年会費の免除を初めて申請する場合、過去にコンプライアンスの問題が指摘された会員はご利用いただけません。その場合は、これまで通り、紙の申込書をMDRT米国本部にご提出ください。 注意: 紙の申込書をMDRT米国本部に提出済の方はオンラインの登録が出来ません。紙で登録を開始した場合は、最後まで紙ベースでのプロセスにて承認を受けてください。
13.オンライン会員登録に要する時間
エクセルで成績を報告し、年会費をお支払いただいていればお一人につき、10分程度で終了します。
14.保険会社が年会費を負担する場合
各社からMDRTにお申し出をいただき、事前にお支払いただいた場合は、対象者の画面に支払済の情報が表示されます。お支払は小切手、銀行送金、クレジット・カードでお願いします。会員が登録する度に、お支払いただいた額を年会費に充当します。
注意: 会社単位でお支払くださる場合は、MDRT本部のJenny Fisher(jfisher@mdrt.org)にご連絡ください。
15.保険会社がデポジットをMDRTに支払っていない場合
支払ったデポジットが年会費に適用され、残高がなくなった場合 会員登録をする方にクレジット・カードでお支払いただきます。お支払には、マスター、VISA, American Express, JCB, Diners &ディスカバリーをご利用いただけます。
注意: 会社と会員の間で直接清算してください。
16.残高の返金
すべての会員登録処理が完了してからの返金とさせていただきます(通常7月)。早期の返金が必要な場合はMDRT本部のJenny Fisher(jfisher@mdrt.org)にご連絡ください。
17.保険会社が一部の会員の年会費を負担する場合
会員リストに、それぞれいくらを会社としてご負担なさるかを明記したリストを事前に、MDRT本部のJenny Fisher(jfisher@mdrt.org)にご提出ください。
18.グループとしての会員登録処理
現時点では、個別対応のみとさせていただきます。従って会員数が多い場合にはあまりお勧めできません。
19.成績証明の方法
成績証明書をエクセルでご報告いただく事が出来ます。エクセルによる報告は事務ご担当者様の業務量を軽減するとともに、MDRT米国本部の処理も簡略化することができ、更に、各会員がご自身で登録するプロセスが簡略化できます。ご提出いただいたエクセルは数日中にMDRT米国本部データベースに反映させますので、各会員がオンラインで登録する際に、計上成績として表示されます。エクセルによる成績証明をご提出いただけない場合は、各会員の証明書をスキャンし、アップロードしていただきます。
手数料ベース、保険料ベースもしくは収入ベースを事務ご担当者様(アドミニストレーター)にお決めいただく事が出来ます。アドミニストレーターは計上成績を入力することが出来ます。スキャンした成績証明書をアップロードしていただきます。形式はPDF, JPEG等をご利用いただけます。 注意: 紙の申込書と同様に、オンラインでの会員登録も監査の対象となります。
20.MDRT会員として承認後
登録処理が完了し、年会費をお支払いただきますと、会員としての承認がその場で完了します。承認の手紙と会員証明書等は通常どおり郵送させていただきます。
お支払の記録を印刷することが出来ます。各会員の会員ステータス(承認済、処理中等)をご参照いただく事が出来ます。 注意: オンラインで登録した方は、紙の登録用紙を送付しないでください。
21.会員として承認された後にCOTやTOTにアップグレードする
既に会員として承認された場合でも、オンラインでアップグレードは可能です。追加の成績を入力し、成績証明書を提出し、年会費の差額をお支払ください。
注意: 紙の申込書で承認を受けた場合は、紙でアップグレードを申請してください。オンラインで承認された方はオンラインでアップグレードすることが出来ます。
22.オンライン会員登録のサイト
オンライン会員登録のサイトはこちらhttps://www.mdrt.org/companies-ja/ ログインが必要になります。ご自身のIDとPWをご用意ください。
23.オンライン会員登録に必要なデバイスやソフトは?
特別なソフトウェアは不要です。MDRT米国本部のサイトから日本語を選び、表示される説明に従ってください。

お問い合わせ

MDRTに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームかお電話でお気軽にお寄せください。


一般社団法人 MDRT日本会事務局03-3251-3901平日 9:30~17:30


〒101-0047 東京都千代田区内神田2-6-8
内神田クレストビル4階